Bem-vindo ao Site da YUKI CHIKADA
  • お気に入り
  • 心に留まった本・CD・雑貨・人・言葉などを勝手にセレクト。(不定期更新)
  • << LAST
  • NEXT >>
  • かもめ食堂
  • 邦画『かもめ食堂』

    http://www.vap.co.jp/kamome/

    “おにぎりは日本のソウルフード”という言葉が印象的です。フィンランドのヘルシンキで「かもめ食堂」という名前のおにぎりがメインメニューの小さな日本食店のお話です。そこで繰り広げられる日常がほっこりと描かれています。今でも実在するとか。キャストも衣装も食器もどれも素敵です。大好きだなぁ、この映画。
    [2012.2.2]
  • 蝶の舌
  • スペイン映画『蝶の舌』

    http://www.asmik-ace.com/Butterfly/

    今なお、私の心の中に刻まれる衝撃のラストシーン。スペイン内戦の揺れ動く時期、少年と学校の先生との心の絆が描かれています。少年役の繊細な表情には脱帽です!“蝶の舌”というタイトルは映画が進むにつれ、深みを増して来ます。上映後、しばらく席を立てませんでした。
    [2012.2.2]
  • 胡同(フートン)のひまわり
  • 中国映画『胡同(フートン)のひまわり』

    http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=6913

    北京オリンピックのため、開発され失われ行く胡同の古き良き街並を背景に、そこで暮らすある親子の人間模様の30年間が描かれています。画家だった父が手を壊し、その道をあきらめざるを得なくなり、その想いを子に託す。不器用な親の愛情、子が感じる重圧、そこから生まれる親子の葛藤。それぞれの想いが突き刺さるように心に染みて、今までで一番泣いた映画です。
    [2012.2.2]
  • 解夏
  • 邦画『解夏(げげ)』

    http://www.gege.jp/

    ベーチェット病で徐々に視力を失ってゆく主人公とそれを支える恋人。長崎の赴きある美しい風景が目に焼き付いています。解夏とは、夏の修行の終わりを表す禅宗の言葉だそうです。失明する恐怖(行)、失明してそれが解放された時に美しく咲く百日紅(さるすべり)の花。感動の映画です。2回も観に行ってしまいました。
    [2012.2.2]
  • ガイアシンフォニー/地球交響曲
  • 邦画『ガイアシンフォニー/地球交響曲』シリーズ

    http://gaiasymphony.com/

    映画監督、龍村仁さんのドキュメンタリー映画で、全作第七番まであります。特に第三番、“人生はからくりに満ちている”と語る写真家の故 星野道夫さんに捧げたお話は、大学時代に観て衝撃が走り、何と!3回も観に行きました。今でもいろんな場所で上映されています。
    [2012.2.2]